「ほっ」と。キャンペーン

タグ:学ぶ ( 20 ) タグの人気記事

地域 ∞ 蜂

日曜日 峠山こども農園クラブに出かける準備をしていました。
実は、友人に頼まれてうちの敷地に設置しているミツバチの巣箱から、ご近所のお宅上空周辺をたくさんのミツバチが舞い飛び、大きな羽音をさせていました。
はじめての経験で、ご近所にどう説明しようかと思い、ドキドキしました。と同時に、自然界の凄さを感じました。
その後、ミツバチを育てる活動をされている先輩方の助言・ご支援により、新たな巣箱へたくさんのミツバチ御一行は、入居できました。
a0281449_16200658.jpg
今回、思ったことがいろいろあります。
まずは、ミツバチは、タイミングを見計らって、こうした行動(分蜂)をしているのだと思いました。
自分の出産や産婦人科で働いていた時に感じていた、ちょうど、胎児が生まれてくるタイミングを選んでいるような感覚でしょうか。
わたしの場合、主治医の当番時間まで、生まれるのを待ってほしいと切に願っていました。それを子どもは分かってくれていたようで、その主治医の当番の時間に生まれてきました。
ミツバチもわたしが出かける前にサインを出してくれて、なおかつヘルプを依頼した先輩方のお返事も頂ける時間帯でした。新たな巣箱の管理人さんもちょうど、ご自宅にいらっしゃり、ミツバチさん達は、タイミングを見て、活動開始したんだと強く思いました!雨上がりの晴天であることもちゃんと計算済みなんだと納得しました~

それから、ミツバチの活動をされている先輩から、自然に任せるという気持ちで接するといいというような助言を頂きました。その言葉があったので、巣箱に入居できなかったとしても、それは、自然な流れで、ミツバチが選んだこと。そう思えました。そうリラックスした気持ちで、ご近所への状況説明という次の行動を緊張しながらも落ち着いて、することができたと思いました。
自然に寄り添うということを言葉だけではなく、体験を通して、落とし込めた学びの時間でした。

そして、ご近所への説明に伺い、この町に住み始めて、6年経過したものの これまで、表面的な関わり程度で、ご近所の方々とまだまだ浅い関わりで、自分が活動していきたいと思っている『地域とのつながりを深める』ということに於いて、何をすべきなのか、答えをもらった時間でもありました。

今回、事前に巣箱を家に設置することを周囲に説明しませんでした。それは、友人の地域で、説明して回ったところ、反対意見があり、断念したという経過を経て、家に巣箱がやってきて、同じように説明して反対されるかもしれないので、説明しないでいよう。自然のものなので、説明する必要はないのではないかと判断して、説明しませんでした。
しかし、今回、こうしてご近所さんを巻き込むことになり、事後報告となりましたが、知識を持って、事前に説明することも人間社会では、必要なことだったと思いました。
説明する前に、反対されるかもしれないという決め付けをせずに、まずはこんな思い、状況ですという思いを示すこと。その1歩を踏み出すこと。
そこから、始まるのだと思いました。

今回 ミツバチは、近隣の方のお庭の松の木を選びました。
状況を説明させて頂いた際に、お話しすると、峰球について、テレビで見たことがあり、知識を持っていらっしゃる方だと分かりました。ただ、まさかご自分のご自宅にそのようなことが起ると思わないので、驚いて、どうしようかな?誰か育てているのかな?ともう1軒お隣の方と話されていたと伺いました。

近隣の方達と心地よく暮らすためのツールとして、先日、参加した『トランジションタウン』での学びとして得たことを活用していくことが、具体的にイメージできました。そして、まずは、家族、近くに住まわれている隣近所の方との関わりにポイントを置いて行くことがいいバランスを取っていくことにつながる。シャンパンタワーの法則と同じ。そう思いました。


たくさん舞い飛ぶミツバチの姿と大きな羽音に、この町から出ていって~ということにつながりそうだと、子どもが心配になったと言いました。
ちょうど、中日新聞でミツバチの特集を2面に渡り、掲載していた日曜日でした。
こうしてマスメディアでも注目されて、保護に向けた理解を一般の方でもお持ちの方もみえるかもしれず、対話をする前から、理解をしてもらえないかもしれないと決めつけず、まずは、ドアを叩き、話しを聴いて頂くことから始めたらいい。そんなメッセージをミツバチさん達から教わったように思います。

ミツバチが、新しい巣箱に入居できて、一安心した後、予定していた峠山こども農園へ出かけました。
そして、到着すると、そこには、地域の方々とつながりを深めて、多世代のコミュニティーとして活動展開されている温かな場所がありました。遅れての到着で、その雰囲気を客観的に見て、改めて、感動しました。

a0281449_16221983.jpg
地域の方々と信頼関係を築いていくために、地域のためにできることは何か?自分が何をしたいのか?何を求められているのか?というバランスを見て、活動をされてきた先輩の存在を思うと更に、胸が熱くなりました。そんな杉崎さんが着ていらした、素敵なTシャツのハート型のようなデザインが、わたしには、ミツバチの峰球に思えてなりませんでした!

感動の連続です~

全ての答えが足元、すぐそこに、あるように思いました。

メッセージを運んできてくれたミツバチさん達や周囲の人々に、こころから感謝ですemoticon-0157-sun.gif

メッセージを受けて、次は突き抜けた行動を~!



お読みくださりありがとうございます(^^)
かおり






by kaorifukusuke | 2016-06-30 16:23 | Comments(0)

1月31日 峠山こども農園倶楽部でのこと(^^)

こんばんは。
ゆるりがもりのかおりです。
こちらのブログへお越し下さりありがとうございます。
今日は日中、峠山こども農園倶楽部 月1の会で、
外で皆さんと黒大豆の脱粒作業やお雑煮づくりをしました。
a0281449_19420393.jpg
大勢で協力すると、1人当たりの作業は少なく、
なおかつ作業を終えることができ、大きな力になります!
a0281449_19461942.jpg
お野菜たっぷりのお雑煮づくりです!
a0281449_19115822.jpg
a0281449_19123326.jpg
a0281449_19131084.jpg
外は、割とぽかぽかと温かく、過ごしやすかったものの
水は冷たく野菜を洗う手が結構冷えました。
a0281449_19145328.jpg
a0281449_19153758.jpg
a0281449_19163757.jpg
a0281449_19173564.jpg
しかし、
皆さんが「美味しい美味しい」と次々に
おかわりして笑顔で食べている様子にそんな冷たさは吹っ飛びました~emoticon-0157-sun.gif
a0281449_22402314.jpg
みんなで味見をして、調整して、
最終的に味がよく染み込んだ美味しいお雑煮でした!
a0281449_19181655.jpg
お腹いっぱいになったら、元気に遊ぶ子供たち~
a0281449_22425214.jpg
大人はそれぞれに談笑タイムを~
a0281449_22450587.jpg
みんなで共に作業することの心地よさ、
喜んでもらえること、笑顔を見られることの幸せさを改めて
今日も感じ、楽しい時間でした!
a0281449_22551428.jpg
確実に春に向かっていることを教えてくれる芽吹く桜。
可愛らしかったですemoticon-0159-music.gif
a0281449_22364545.jpg
小さな子 作、春の花束。
こころ温まりましたemoticon-0157-sun.gif
a0281449_22415400.jpg


by kaorifukusuke | 2016-01-31 22:57 | Comments(0)

種を考える時間

先日、9月13日、岡本よりたかさんの講座を結友舎畑で受講しました。

a0281449_00240023.jpg


ためになるキーワードがたくさん飛び交いました!
種を見ると、答えがある。
例えば、大豆は3粒ほどさやの中で育つ。
その数を地中に蒔く。
マニュアルを見がちだけれど、実は、答えはすぐそこ、種自体にあるのだ!

a0281449_00302556.jpg


プランターの中に、種蒔きをする説明を伺っていて、まちづくりをイメージしました。
何をまちの中心に持って来て、お互いが過ごしやすい空間はどうあるとよいのか、どう工夫するとよいのかというイメージで受け止めました。

a0281449_00482470.jpg

よりたかさんの講座は、自然に寄り添われ、ご自身の経験に基づかれた中で編み出された言葉が並び、頭の中でイメージしやすく、頷いてばかりでしたemoticon-0159-music.gif
a0281449_00245358.jpg


虫の存在の意味、自然界に無駄なものはないことを改めて学びました。

a0281449_00233369.jpg


持ち寄りおやつタイムもあり、豊かな時間でした。

a0281449_00223231.jpg
a0281449_00372192.jpg
9月8日には、『たねとみつばち 土と太陽』の丈さんが開催された種の交換会へも伺いました。
私も伝統野菜の種を蒔いて、実ったあかつきには、一膳献立会での材料にしたいと思います!こころからemoticon-0157-sun.gif

a0281449_00385902.jpg
秋の種蒔きは、もっとまちづくりのイメージを楽しんでみようと思います!

種を考える素晴らしい時間を得られて、感謝です。



by kaorifukusuke | 2015-09-17 16:14 | Comments(0)

お宝 ぐるぐる~

小屋づくりワークショップ2日目も参加してきましたemoticon-0157-sun.gif

閉業された建築関係の会社で、処分される予定の材木が、欲しいと思う人の元に渡り、小屋として生き返りました。(現在進行形)

ゴミにしてしまえば、それまでですが、まだ十分使える、言わばお宝!

そういう命のよみがえり、とても大切だと思います。


こちらは、床を裏側から見たところ。

a0281449_00093626.jpg



譲り受けられたレトロな窓は、磨いて、キレイになったところをはめ殺しの窓に。
この窓も外されて、眠っておられたようで、今回、出番が決まり、復活へ!

a0281449_00083142.jpg
こちらは、壁の制作過程です。

a0281449_22254706.jpg


面一(ツライチ)!
口より手を動かせ!
という先生からのお言葉も、
効果的で、ちょっぴり学生のようなシャキッとした気分になり、
そして、小気味よいですemoticon-0157-sun.gif

段差の無いようにフラットに仕上げることや貫通させないような釘の打ち方など学ぶことがたくさんで、楽しくて、必死で、夢中な時間でした。

古いものを生かしたことをしていきたいな!と改めて思いましたemoticon-0159-music.gif


by kaorifukusuke | 2015-08-28 00:29 | Comments(0)

倉本聰さん講演会にて

わたしは、中学生の頃、『北の国から』という倉本聰さん脚本のドラマがかなり好きでした。

倉本さんが主宰されていた劇団・富良野塾へ入ろうと真剣に思っていたこともありました。

先日、講演会を聴く機会を得られて、とてもよかったです。

「あなたは文明に麻痺していませんか?~真の文明とは~」というタイトルでの講演でした。

倉本さんの経験談から戦争に向かおうとしているこの国をどうにかせねばというメッセージがたくさん盛り込まれていたように思います。ほんの少し、ここで倉本さんのメッセージを紹介させてください。

創作について
創の意味は、お金がなくても知恵でもって、前例にないものを生み出すこと。

作の意味は、知識とお金で、前例に基づいてものを生み出すこと。
と話されました。

現代人は、テレビやインターネットなどバーチャルな世界で物事を知り、知識を得る。一方、危険だからと五感を通した体験が少なく、創の方の知恵というものが欠如してきている。知恵の大切さを話されました。

新型ができたら買い替えることや規格外だからという理由でまだまだたくさん使える・食べられるものがあるのにゴミとしてしまう日本の現状。粗末にしてはいけないというお話をされました。

70年前の戦後、復興を成し遂げた先人の凄さ。その道路の上でスマホ片手に歩く若者。恐らく戦争に1番弱い国であろう日本。

義務教育は、中学まで。それ以降は自立していくべき。過保護になり過ぎな現状についてお話しされました。

富良野塾を閉塾したのは、若者が軟弱になったと感じたからと言われたのには、驚きました。

a0281449_16522255.jpg
これからの生きるヒントを幾つかいただいた素晴らしい時間でした。




by kaorifukusuke | 2015-07-30 16:52 | Comments(0)

梅の学びと喜びと

土用入りした7月20日からお天気のいい日に天日干ししました。

a0281449_23004468.jpg
a0281449_23010699.jpg
a0281449_23013360.jpg
今年は、紫蘇なしの白梅干しにしました。
干して、日が経つごとに、赤くなっていき、この変化を見るのがこどもの成長を見ているような楽しい気持ちで、好きです!
a0281449_23165492.jpg
25日まで干して、こんな感じに仕上がりました!

1度不調な状況に陥った梅干し作業ですが、その中で、復旧の道を学べたり、自分スタイルができてきたりと手づくりの楽しさを感じられてよかったです。
a0281449_23240662.jpg
今日は、この梅干を収穫させてもらった梅のお世話を学ぶ・梅日和の時間でした。

皆さんの自慢の一品を披露する時間があり、
まさに、逸品揃いで、楽しい時間でした!
美味しさに夢中になり過ぎて、残念なことに、
皆さんの逸品の画像が一枚しかありませんでした。
梅のドリンクも梅干しも人それぞれの味に!
梅味噌の方もさっぱり梅ペーストの方も!
私は、烏龍茶煮をお持ちしました。
味わう度に
うめーのお声が飛び交っていました!
a0281449_23290609.jpg
こども達が、NO.1を決めようとしていましたが、結論は、
みんな美味しいーみんなうめー(だったようなemoticon-0157-sun.gif?)という
穏やかで優しいお言葉でした!

素敵な時間でした!


by kaorifukusuke | 2015-07-25 23:46 | Comments(0)

こどもこそミライ 上映会を終えて


今春、『寺子屋 そのぴぐらし』 という 学び舎をお母さん仲間と立ち上げました。

ー昨日は、そのぴぐらし主催『こどもこそミライ』というドキュメンタリー映画上映・黒田忠晃さんワークショップ会でした。

昼間・夜間の2部での開催で、たくさんの方々にお越し頂けたことをスタッフ一同で喜びました!

この場をお借りして、ご参加下さった皆さま、本当にありがとうございました(^^)
a0281449_00503784.jpg
私は、今回主に料理部門の担当でした。
午前中は、夕飯のカレーライスの仕込み、
そして、昼間の会場・昼食提供の今夏まもなくオープンになる
レインボーアートさんの助手を少しさせて頂きました。

a0281449_00542680.jpg
a0281449_00544264.jpg

参加された皆さんの思い思いの気付きがおありだったようで、開催することができて良かったと思います。
a0281449_23482595.jpg

a0281449_23492941.jpg
a0281449_23494732.jpg

夜間の部は、会場を知多半島・豊浜にあるゲストハウス・ほどほどさんにて開催しました。

それぞれの持ち味を生かした役割分担で、心地よく進行したように思います。
チームで協力することの大切さを改めて感じました。

a0281449_23521689.jpg
スパイス調合をして作ったカレーライスとその上にのっけたおかず。
「美味しかったわー」と言っていただけて、本当に嬉しかったです!
a0281449_00214587.jpg

a0281449_23455571.jpg
a0281449_23445928.jpg
a0281449_00152857.jpg
a0281449_23464743.jpg
食事担当の合間に参加したワークショップを通して、
こどもの表現を引き出す効果的なコミュニケーション技術や
こどもを信じること・自分を信じることの大切さなどを再確認しました。

a0281449_00085888.jpg
こどもが主役
主体性を大切にした教育を
展開したい。
改めて強く思いました!

a0281449_00261590.jpg

昼間・夜間2部共に、穏やかな空間で、共に学ぶ素敵な時間でした。





by kaorifukusuke | 2015-07-05 00:58 | Comments(0)

少し前のおでかけじかん

少し前のできごと

『たまごやあさひ』さんへお伺いして
 元気な鶏さん達の様子を見学させて頂きました!

a0281449_00563262.jpg
とても素敵な菅さんの育てられたたまごの美味しさは、とにかく深い愛情をたっぷりと注がれているからなのだということがよく分かりました。

a0281449_00565462.jpg


素敵なラベンダーの側に、ぶたちゃん。
菅さんがいつか育てたいと思っていらっしゃるそうです。

a0281449_00571403.jpg


多屋海岸でぼーっとしました。

a0281449_01060974.jpg


名古屋の花果さんへ♪
輝いています!

a0281449_01065871.jpg


美味しいものをいただきに来ました!

a0281449_01094388.jpg
a0281449_01095911.jpg


知多半島でカフェを見つけて、
美味しい珈琲をいただきました。

a0281449_01105475.jpg



素敵な人、もの、ことに出逢えました。
いい時間でした。




by kaorifukusuke | 2015-06-11 16:49 | Comments(0)

ヒントのじかん

個人的な話しですが、今、寺子屋的な学校づくりプロジェクトに関わり始めて、あれこれと構想を具体化していく作業の過程です。

そうした中、5月中旬、木内鶴彦さんの講演会に伺いました。

活動していく上でのヒント、エッセンスを感じたいと思ったからお話を伺いたいと思いました。

結論から言うと、1度きりの自分の人生をやりたいことをしないでどうするんだ、という思いでいっぱいになりました。

臨死体験をされた木内さんのお話を伺う中で感じた思いを言葉にすると、同じアホなら踊らりゃなそんそん♪というような楽しみながら1度きりの人生を全うしよう!という 明るい感じでした。
今、特にそのスピードが求められていると思います。
今始めなくてどうするの。という気持ちです。
結果はあれこれと深く考え過ぎず、とにかくまずは種を蒔いてみる。


お話を伺う前よりも更にその思いは強くなりました。

講演会の後、こどもを預けた実家の母と話し、母がわたしを中学へ進学させる頃に、感じていた思いと今の私の感じている思いが重なることにうれしくなりました。
母も自分の思いが継承される感じで、子育てをしてよかったと、大きな娘に笑って言いました。

地元の公立の中学への進学説明会では、人としての成長が語られず、 どこどこの高校へ何名という、高校への進学率説明を受け、数字で表せる評価が重要で、母が本当に大切にしたいと思っていたこととは、違ったという 内容の話しをしました。


きっと今も、そんな流れは続き、選択肢が少ない中の学校選び。
わたしは、そこへのアプローチをしていきたいと思い、これから本格的に活動を進めていこうと思っています。



by kaorifukusuke | 2015-06-05 23:43 | Comments(0)

人の力

お世話になり始めた田んぼにつながる道の途中に、でこぼこした箇所がいくつかあり、それらを人力で補修することになり、昨日、活動してきました。
ひとりで歩いていると、何種類もの生き物の声がして、心地よいフレッシュな空気に包まれて、幸せな気持ちになりました。
スコップで砂利を敷いていく作業は、一気に完成するものではなくて、コツコツとした作業。
手作業の大変さの中に、他者との協力でみるみる完成していく素晴らしさを今回の活動でも感じた。
人が協力することってステキだと思う。
a0281449_22580638.jpg





by kaorifukusuke | 2015-05-05 23:07 | Comments(0)

1度きりの人生。 楽しむことを大切に 人とのつながりの輪を大切に そんな日々を綴っています。


by かおりん
プロフィールを見る
画像一覧